レベル10の人がレベル100になるには。またはインプットとアウトプットについて。

この記事は3分で読めます


今日はインプットとアウトプットについて再び考えてみたので、思考を記録として残しておこうと思う。これ自体が雑なアウトプット。

インプットとアウトプットについてはこれまでもかなり考えてきたが、まだまだ考える余地のあるテーマで、食事と同じくらい奥が深い。

それは僕らの発信はインプットとアウトプットに依存するからだ。ここの質が悪ければ、何者かになることなんて当然できずに、ただ謎の行動を繰り返すだけの人になってしまう。

最近、僕はインプットメインでやっていた。こういうことを書くと、アウトプットしなければ何の意味もないと言われかねないのだが、別にアウトプットが皆無なわけではない。

また、いろいろな情報に触れることで、インプットした情報の中にはアウトプットしやすいものとしにくいものがあることに最近、気付いた。

具体的なものは聞いたことをそのまま誰かに話したり、書いたりすることは簡単なので、これは簡単なアウトプットに思うし、ネタに困ったときはとりあえず、具体性の強いものをインプットしてちょっとアレンジして自分の視点を織り交ぜて書けば、普通の人よりは多少、秀でているくらいのアウトプットにはなる。
 

僕も何か記事を書こうかなと思って、ネタがない場合は具体的でかつ簡単なものをインプットし、そこから派生して自分のアウトプットをしていく。この作業は大した思考を必要としないので、軽いアウトプットがしたいという場合はおすすめ。

反対に、抽象的なものでインプットすれば、アウトプットはしにくくなる。理解するのに、かなりの思考を使うし、それを他者に説明するとなれば、なかなか難しい。少なくとも、ビジネス系の人たちが言っているようなインプットしたものは反射的にアウトプットしろなんてことはできない。そのようなアウトプットが通じるのは上記にも書いた通り、具体的なものをインプットした場合のみ。

もし、それでもインプットしたものを反射的にアウトプットできると思うのであれば、難しい古典を読んで、やってみて欲しい。かなり難しいはずだ。

アウトプット量を簡単に増やす方法は具体的なものを大量にインプットし、それらの言い回しを変えて、話したり書いたりする方法。もちろん、これは簡単だし、初心者には有効な手段ではある。

それにそれなりの量をこなせば、マネタイズも可能になるだろう。ほとんどのビジネスマンがやっているのはこれかなと思う。ベストセラーのビジネス書の目次に書いてあるようなことを永遠とツイートしているような人はよく見るし、そういう人たちは目に入った珍しいキーワードを反射的にツイートすることをアウトプットと呼んでいるように感じる。
 

だが、この方法はレベル100がマックスだとしたら、レベル10くらいで頭打ちになる感覚が僕にはある。レベルを10以上に上げたければ、当然、インプットするもののレベルも上げなくてはならない。

書店に並んでいるベストセラー本などの簡単な本は誰が読んでも理解できるようにしてある。つまり、それらはみんなが読めて、みんなが同じようなアウトプットをするということだ。ビジネス系の人たちの発信がみんな同じに見えて、みんな浅く見えるのはインプットしているものが被っててかつ彼らは簡単な著書でしかインプットをやらないからだ。
 

だから、何年も発信活動を継続しようが頭を使わない簡単なアウトプットに慣れるだけで質自体は上がらない。できることを何度も繰り返すことももちろん、大事だが、それだけではダメだ。自分の知らない未知の領域に踏み込むからこそ、新しい自分になれるし、成長もできる。

では、アウトプットの質を上げ続けるためにはどうしたらいいか?それは難解な著書やすぐには理解できないことにも頑張ってかじりつき、インプットするために思考すること。白か黒かすぐにははっきりしないようなものにこそ価値がある。こうやって、今の自分のレベルでは理解できないような事象に触れて、苦しい想いをしておかないと成長はなくなる。

多くの人が考えないようなことを考え、一見無駄に思えるようなその時間を何の躊躇いもなく、過ごせるからこそ、一部のすごい人たちの思考はどんどん研ぎ澄まされていく。人の心を動かすような文章は優れた思考から生まれるのだ。決して、反射的に出てきた「情報」ではない。
 

未知の概念に触れることで、思いもよらぬことを考える。その蓄積が奇抜な発想力に転嫁され、ふとしたタイミングで良質なアウトプットに進化を遂げる。つまり、難しいもののインプットは良質なアウトプットになるまでタイムラグがあるから、この期間を耐えられるかに僕はその人の可能性はかかっていると思っている。

簡単なものだけでなく、難しいものにも積極的に触れていきたい。逃げてはダメだし、大衆が手に取らないものにこそ真の価値が宿っているので、難しいけど、そういうものをインプットし、アウトプットの質を上げ続けたいとよくわかんないことを考えながら思ったので、それを吐き出した。

では。

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP