オリジナルとは何か。どんな要素が人を惹きつけるのか。

この記事は3分で読めます


今日はオリジナリティについて深掘りしていく。

僕は普段からオリジナルの存在になることが大事なんだということをよく言うが、そもそもオリジナルを構成する要素とは何なのか?という理解が曖昧だったら、オリジナルのものを作ろうにも作れないと思うから、今日はオリジナルとは何か?について言語化していこうと思う。

オリジナルの存在になれれば、一定数の人はついてくるので、何が人を惹きつけるのか?その要素を理解して、あなたの発信活動に生かして欲しい。
 

まず、最初の要素は価値観。当たり前だが、価値観が違う人間に人はついていこうとは思わない。

発信活動をしていたら周りに集まってくる人々は自然と価値観が同じような人間になる。発信しているのに、周りに全然人が集まってこないという場合は自分はこういう人間でこういう価値観なんだ!という自己アピールが足りていないのだ。

打ち出す世界観がぼんやりしていたら、ファンはつかない。ぼんやりしている人の発信には共感のしようがないからだ。はっきりとこれが好き!これが嫌い!と主張すること。これができずに全部を濁すと誰からも嫌われない代わりに一人もファンがつくことはなくなる。

だから、主張をはっきりさせることで、自分と価値観が合う人間のみを抽出し、それ以外の人間ははじく。そういう気持ちで発信していかなければならない。
 

基本的なことだが、意識しておかないとついつい普遍的な事実をただ列挙したような発信になってしまいガチだ。それはあなたが言わなくてもいいんじゃない?ということばかりを発信しても誰にも興味を持ってもらえないからね。

次の要素は卓越した「知」。これも僕が普段から言っている一つの軸を作るということだ。

決して、全てにおいて万能になる必要はないから安心して欲しい。一つの軸を作り、ある程度深いことが書けたり、話したりできるようになった時、人はその人のことをすごいと思い、もっと知りたいと思うのだ。調べれば出てくるような普遍的な一般論を述べてもダメだ。
 

その人の発信を聞きたいと思ってもらうにはある程度の深い話ができるようにならないとダメで、「自分にしか見えない視点」が必要。イチローは野球を通して、いろんなことが語れるし、プロゲーマーはゲームを通していろんなことが語れる。

そういうあなたなりの軸が一つでもあると、発信を聞いてもらうための理由に十分なる。

勉強したことをアウトプットしただけでは当然、みんなと同じになるから、その素材をあなたなりの視点でどう表現するのか?というところまで考えなくてはダメ。
 

3つ目の要素は読者に対して、どんな思いで書いているのか?ということ。これは結構重要なことで、同じことを書いていても読まれる文章と読まれない文章に綺麗に分かれる。それは何も文章がうまい、下手とかではなく、読者に対する思いが伝わっているかどうかだ。

僕の文章は割と離脱率低めなのだが、その要因は「これを伝えたい」というのが明確化されており、読者もそれを「知りたい」と思いながら、読んでくれるからだ。

この記事だと、「オリジナル」というものの構成要素を伝えたいという気持ちで僕は書いている。その気持ちが伝われば、最後まで読んでもらえるし、伝わらなかったら読んではもらえない。
 
文章に感情が籠っているかどうかはすごい重要で、情報だけを伝えようと思ったら、箇条書きで終わるし、長々とここまで書く必要もない。読み手の理解を促進するように配慮して書いているからこそ、たった3つの構成要素を説明するだけなのに、そこそこ長い文章になってしまう。
 

結局はそれが伝わるかどうかだ。役に立ってかつ綺麗な文章は世の中にたくさんあるが、そのほとんどが読まれずに終わるのは「想い」が伝わらないから。もちろん、感情が全く入っていない歴史の教科書みたいなものを好む人もいるが、そんな人でも歴史の教科書の著者のファンにはならないはずだ。

インターネットで発信する以上、ファンになってもらうということは大事なことなので、感情を込めた文章を書くように意識して欲しい。同じことを書いても、文章に気持ちが載っているかどうかで受け手の満足度も全然違ったものになってくるからね。
 

まとめると、オリジナルの構成要素の一つ目は自分の価値観をはっきりさせられているかどうか。二つ目は「卓越した知」が一つでもあるか。三つ目は感情を込めて文章を書くことができているかどうかだ。

上記三つの要素を完璧に満たしている必要はないが、最低でもどれか一つはないと誰も集まってこない。アイドルなんかは三番目の感情を込める文章だけでファンにしているだろう。卓越した知がなくても、一生懸命さやその人の感情が伝われば、十分に読んでもらえる文章にはなる。
 

ただ、感情だけだと読んではもらえるが、飽きられるスピードも早くなるので、長い間活動してマネタイズすることまで視野に入れると、勉強して、新しい視点を提供できる人間になることが一番いいのかなとは個人的に思う。

以上がオリジナルの構成要素であり、人が集まってくる人たちに備わっている要素なので、あなたも取り入れて発信活動をしていって欲しい。

疲れたんで終わり。
では!

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP