真の教育とは導くこと

この記事は3分で読めます


あなたは教育の本当の意味とは何だと思いますか?

 

一般的には学校の教育のような知識を伝えることをイメージすると思います。しかし、みんながスマホを持ち、何でも調べれば出てくる時代に知識を伝えるという行為は本当に必要でしょうか?

 

 

僕は必要ないと思います。

 

今の時代、情報はみんな平等に与えられています。にも、関わらず成功出来ない人の方が多いということは知識だけを読者に届けてもあまり意味がないということになります。

 

知識を届けるという行為はあなたが読者に代わりにネットサーフィンしてあげているようなものです。

 

そういう誰かの代わりになるようなことは今の時代求められていません。

 

 

つまり、普段の情報発信でもネットビジネスやアフィリエイトの知識を伝えることにあまり意味はないのです。

 

そういうのは調べれば余裕で出てきますからね。

 

では、どのような発信をすればいいのか?

 

 

それはインプットした情報を元に読者を成功できるように導くような発信をすることです。導くことこそが真の教育です。

 

それが今後求められるスキルであり、このスキルがある人がだけが生き残れる時代になります。

 

 

地図を渡してはい、頑張ってゴールまでたどり着いてね!ではなくて、地図は最初から用意されていますから、その地図を元にあなたがゴールまで案内してあげる必要があるのです。

 

昔は今のようにインフラが整っていませんでしたから、情報に価値がありました。情報伝達スピードが遅かったので、珍しい情報をいち早く知らせてあげる人に価値が置かれていたのです。

 

しかし、今やSNSが普及しているので、多くの人が同時に最新の情報を受け取れる時代になり、情報に対する価値がなくなってきたのです。

 

 

スマホやグーグルの進化によって、人が人に情報を伝えるという行為は自動化されました。

 

つまり、昔はいかに強い武器を手に入れるかが重要視されていましたが、今は全ての人に対して最強の武器はもう平等に用意されている状態で戦いがスタートするので、大事なのは武器ではなく、戦い方になります。

 

 

だから、武器をどのようにして使いこなすかがカギとなってくるので、情報をいかにして自分の頭でアレンジして発信できるかどうかが試されるわけです。

 

昔は強い武器を入手しただけで勝てていたのに今では誰もが同じ武器を持っているから、ただマニュアル通りに剣を振っているだけでは相打ちになります。

 

だから、武器の扱い方を僕たちは教えていかなければならないのです。

 

 

もっと言えば、知識を正しく使いこなせるように導くことです。教えるのではなく、導くのです。

 

ネットビジネスはスタート時は全ての人間が0からのスタートです。

 

そんな状況下の中で正しい方向に導いてあげる存在こそ真のメンターのあり方であり、弱者救済みたいな形で本人の努力無しで稼がせてあげるというのは違うと思います。

 

 

それは救済されている方はずっと助けてもらわなければならないし、根本的な解決方法もわからないまま無駄に少し稼げてしまっているので、救済されなくなった途端稼げなくなり、どうしたらいいかわからなくなります。

 

だから、自立できるように育成するような感じですね。

 

親が子供をしかるときがあるように時には厳しく指導することも大切だということです。

 

 

子供を一人前の大人になるように育てるという感覚で情報発信するといいです。僕はそういう発信を心がけているので、僕の元には自分の理念に共感してくれる人のみが集まってくれます。

 

大量集客を意識すれば、誰でも簡単にできる的なことを言えば、寄ってくるのでしょうけど、価値観が合わない人を集めてクレーマーになられるとめんどくさいですからね。

 

 

だから、そういう甘い言葉は言わずに、僕はこれからも読者を正しい方向に導くということを意識して情報発信します。

 

 

今日は以上です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

楽して稼げる系の情報に惑わされず、真剣にビジネスを学んで人生を変えたい人向けに情報発信しています。現在、初心者でも月30万円を生み出す仕組み化徹底解説レポートを無料プレゼント中です。

受け取りはこちらから。

 

 

 

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP