バックレマインドの重要性

この記事は3分で読めます


今日はお悩み相談を記事のネタにしていく。長文の悩みはそのまま記事にできるからよいね。ぼくから長文のフィードバックが欲しければ、質問箱にネタを投下しておいて。ブログ希望と書いてもらえれば、記事にする確率が上がるかも。
 

上記の質問を踏まえて記事を書いていく。

まとめると、今まで変わった友達しかできなかった。これからは気軽に会話できる友達15人くらいが欲しいということだね。
 

まず、あなたの周りに変わり者が集まるのは類が友を呼ぶというようにあなたが変わり者だから同類を引き寄せているだけだ。

仲良くしたい属性の人を変えたいのであれば、じぶんが変わるしかない。ヤンキー仲間に入れてもらいたいなら、ヤンキーになるのがてっとり早いということだ。
 

環境が変われば、簡単に違う自分に生まれ変われるから、もし新しいじぶんになりたいと思っているのであれば、まずは環境を変えてみることだ。大学デビューがどうのこうのみたいなことってよく言われたりするが、ぼくは積極的に大学デビュー、社会人デビューはやるべきだと思っている。
 
せっかく、過去のじぶんを知る人が1人もいない環境にありつけたのだから、過去のじぶんなんて捨ててしまえばいいのだ。

失敗する度に環境を変えてやるくらいの覚悟でいれば、失敗も怖くなくなるかもね。
 
質問主は嫌われたら終わり、失敗したら終わりと思っているから、身動きが取れなくなっているわけで、この場合は「失敗したら逃げてやる」という風に考え方を変えた方がいい。~したら終わりという環境下では緊張してからまわるだけだし、
最高のパフォーマンスは発揮できない。
 

普通の人に恐怖心を抱くのは普通の人と会話を全くしていないからであって、質問主の思う普通の人達とどんどん会話していけば自然と話せるようになる。

この時に「失敗してもいい」「嫌われてもいい」という風にあらかじめ開き直るマインドでいることが大事だ。
 
万能な人間なんていないんだから、どんな振る舞いをしても合わないもんは合わないし、離れていくときは離れていくのだ。

ぼくもフォロワーは毎日増えてはいるが、毎日離れてもいっている。フォロワーが減る度にいちいち落ち込んでいたら、何もできなくなるだろう。
 

だから、いちいち目先の数は気にしない。大事なのはファンの数なんだから。

数字だけのフォロワーよりもファンの濃度が濃くなれば、正しいアカウント運用はできている。これと同じで友達の数を増やすというよりは1人の親友をまずは作り、濃い関係になった方がいい。

今まで1人の親友も作ったことがないのに、いきなり15人も気軽に話せる友達ができるわけがないだろう。

目標設定がミスっているからうまくいかないのだ。
 
ぼくの会員サイトのコンテンツで書いた第一回レポートの原液理論で、原液さえ作れれば、薄めるのは簡単と書いただろう。

それと同じで1人の親友を作ることができれば、自然と15人くらいできているから、まずは1人を作るということを意識してみて欲しい。質問主は22歳とのことで会社に勤めていて、環境をそう簡単に変えることができなければ、ネットでまずは1人でいいので、仲の良い関係を作ってみて欲しい。
 

リプやDMで積極的に絡んで時期がきたら、電話しましょうみたいに持ちかけても良いだろう。気まずくなれば、ブロックしたりアカウント消したりすればいいんだから、顔もばれずに話す練習ができる。

ネットだと逃げ道も用意されているから、練習としてはかなりいいと思う。
 
ぼくも実際、リアルではほとんど誰とも話すことはないが、フォロワーと適当に電話したり、ツイキャスしたりするだけで話す練習にはなっている。
 
トークの練習とアウトプットがリスク0で同時にできるので、おすすめ。

後、会話の仕方がわからないというのであれば、あなたが会話がうまいと思う人の音声を聞きまくると良いよ。

今ならYouTubeでいろんな人がセミナーやってたり、対談してたりするから、憧れの人を何人か見つけて、聞きまくることだね。ずっと、聞いていると感覚が移って、自然と話せるようになっているから。ぼくもこれをやって、トークの感覚みたいなのは身につけたかな。
 

今でも勉強のやる気が起きなかったりする時はやっているよ。ぼくは根性がないので、机にかじりついて本を読むみたいなことは苦手な人間だから、音声を垂れ流して無意識の領域にたたき込む。

そして、ネットの住人と電話したり、ツイキャスしたり、ブログに書いたりすることでアウトプットする。これだけで、文章力もトーク力もぐんぐん上がっていく。(意識低い系、根性がない人向けの弱者の戦略。)
 
会話するのが下手くそなら、お手本をインプットしてから、ネットやリアルで場数を踏めば基本的には誰でも話せるようになる。トークは才能も多少はあるが、普通の人とたわいもない会話をする程度のことであれば、ちょっとの努力でできるようになる。

後はバイトとかで割とどうでもいいような人で練習するとかはおすすめ。バイトなんて辞めてしまえば、そこで人間関係はぷつりと切れるわけだし、コイツで練習して、嫌われたらバイトバックレてやるくらいに思っておくのはいいかもね。
 

ぼくはそんなマインドで学生時代はバイトやってて、実際に何回もバックレたなぁ。損切りマインドも磨かれるし、環境を変えまくっても全然大丈夫じゃん!みたいな感覚も身につくので、バイトバックレスキルを早い段階で磨いておくのは非常におすすめ。
 
ということで、質問内容は網羅できてると思うので、この辺で終わり。では!

ネタ提供あれば、ブログの更新頻度も上がるかも。

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP