アイディアが思いつかない理由

この記事は2分で読めます


今日は文章力やアイディア力がある人が
なぜ、毎日無数にいろんな事を思い即くのか
について解説していきたいと思います。

 
まず、アイディアについてなんですけど、
情報発信をしていると誰もが一度は
ネタがないという問題にぶち当たります。

 

そして、多くの人はその原因をインプット不足
だと考え、本を読んだり、
誰かの発信を読んだりして勉強したりします。

 

でも、アイディアが出てこない
根本的な原因はそこじゃありません。

 

インプット不足が原因なのではなく、
アウトプット不足が原因なのです。

 

なぜかというと、アウトプットしているときが
同時にインプットにもなり得るし、

成長というのは
インプットとアウトプットの両方が上手く
循環してからこそ起こるものなのです。

 

例えば、日本語を話したかったら、
わからないなりにも実際に声に出して
何度も失敗してもどかし思いを
して出来るようになりますよね?
 

まだ、私は日本語を話せないから~と言って、
ずっと本を読んだりして勉強していたら、
いつまで経っても話せるようにはなりません。

 

こういう当たり前のことは僕たちは
言語を習得する際に
幼少期に無意識に行っているのです。
 
アイディアや発想力というのも全く同じ原理で、
勉強して知識を身につけたら、ある日突然
ピカンと閃くものではなく、
 

日々、自分の持っている
知識の中からアウトプットしていって
知識を使いこなせる練習をしていくうちに、

いろんな知識が複合的に
組み合わさってアイディア
として降りてくるのです。

 

だから、
僕らが毎日しなければいけないのは
アウトプットなんですね。

 

今の状態じゃ、大したアウトプット出来ない
からやりたくない!と思うかもしれませんが、
下手くそな文章で全然いいんです。

 

支離滅裂な文章でも全然いいです。

 

何もアウトプットしないよりは
1000倍マシですから。

 
僕もこのカラクリに気付いてからは
毎日何度もアウトプットの練習をするようになり、

今では文章を書いている
途中にアイディアが降ってきて
次のブログに書くネタ
が思い即くこともあります。

 

以前は一生懸命考えて、
論理をこねくり回して書いたような
文章でしたが、今は会話をするように
スラスラ書けるまでになりました。

 

人と会話するときにわざわざ、
論理的に考えて言葉を
発しているわけではないですよね?

 

自然に一切のストレスなく
スラスラと出てくるはずです。
その感覚で文章を書けるようになるわけです。

 

これも一定期間アウトプットしたからです。

 

まだまだ、
僕もアウトプットが足りない方ですが、
ネットを見ていると圧倒的にアウトプット不足で
苦しんでいるなという人が多いように感じたので、

 

今回はそういった人に向けて
アドバイスという形で
書いていきました。

 

アウトプットを習慣化することで
文章を書くということに対して
ストレスを感じなくなります。
 

まるで歯磨きをするかのような
感じでできるようになりますよ。

 

最初の3週間くらいはキツいですが、
そこを乗り越えると楽になりますので、
最初だけ頑張って習慣化しましょう。

 

ではでは。
ここまで読んでくださりありがとうございました!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自由を目指す個人に0→1を達成させる
サポート付きの会員制のコミュニティを運営しています。
無料なので、よかったら、どうぞ。
http://gaidtwgam.com/test/datugokulp-001.pdf

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP