3億円事件の犯人を尊敬しています。

この記事は3分で読めます


最近では3億6千万円盗んだ警備会社の人が
話題になっていますね。
 

今日は令和の3億円事件を引き起こした
彼がいかに凄い人物かということに
ついて書いていきたいと思います。

 

3億6千万円盗んだ彼は最近の情報で
おそらく単独犯だということが噂されています。

窃盗は悪いことではありますが、
僕個人的にはこういう人生も
ありかなぁと思うんです。

 

なぜなら、
日本のサラリーマンの平均生涯年収が
大体2億円前後とされている中、彼は1日で
倍近くの金額を手に入れました。
 

悪いことですが、普通の人生ではなくなった
以上誰にもできない体験をすることができるので、
人生の中では価値のある時間になることは間違いありません。

そして、逃げ切れば一生盗んだお金で
生活していけます。
 
きっと彼は今までの人生の中で
一番濃密な時間を過ごしているでしょう。

ここから逃げ切れるかが問題ですが、
おそらく長い間、年密に逃げ切るまでの計画を
練っていたのでしょうから、
逃げるあてはあるはずです。

 
そして、彼はまだ28歳です。
 
残りの人生を海外に飛んで足がつかないように
ホテル暮らしを転々としても十分生活していけます。

 

彼は自分の人生をフルベットしてここから
逃げ切れる自分に賭けたわけです。
 

ギャンブラーですね。笑

今もずっと捕まるかもしれないというリスクで
心臓バクバクかもしれませんが、そのスリルさえも
楽しんでいるかもしれません。
 

どっちに転んでも波瀾万丈の人生なので、
面白い人生になることに変わりはありません。
 

このまま警備会社に勤めて一生を
終えるのと天秤にかけた結果、
大ばくちを仕掛けてでも巨万の富を
手に入れたいと彼は思ったのだと思います。

人生は所詮、生まれて死ぬまでのただのゲームなのです。
 
僕たちはそのゲームをどのようにして面白くするかを
考えなければいけません。
 

彼なりに考えた結果、惰性で同じような毎日を
送るよりも国から逃亡するスリルを味わう方が
刺激的な人生になると思ったのでしょう。

しかも逃げ切ったら、本当に生涯
暮らしていけるだけの
お金を手に入れられるからです。
 

もちろん、僕はこのようなリスクの取り方を
おすすめするつもりはありませんし、
僕自身も絶対真似したくありません。

なぜなら、捕まって牢獄送りになって、
人生そのものがゲームオーバーになる可能性もあるからです。
 
牢獄での暮らしに僕は耐えきる
自信がありません。

僕はリスクは取るべきだとは思いますが、
牢獄送りになるレベルのリスクは
やめておいた方がいいと思っています。

 
あなたがコンテニュー無しの修羅モードの
人生を生き抜く自信があるのであれば、
やればいいと思いますが、

日本に住んでいる限り、そこまでリスクを
取らなくても不自由ない生活をしたいくらいなら
自分でビジネスを頑張れば達成できます。

 

他にもアイディアしだいでいくらでも道を
切り開くことは出来ますし、その環境も
チャンスもみなに平等に与えられていますからね。

 

なので、3億6千万円盗んだ彼の度胸を
見習って、最悪自分も借金背負うくらいなら
いいやという覚悟で自分が本当にやりたいことのために
人生を捧げてみてもいいんじゃないでしょうか?

 

あなたが思い描いているような人生を
送りたいのであれば、まずはそのような人生を
送るために今、自分は何を捨てられるかを
考えて見てください。

 

僕は今回のこの事件を見て、
素直に彼は平凡な人生よりは全然
エキサイティングな人生に
なるだろうなと思いました。

これからどうなるか楽しみですね。

では、ここまで読んでくださりありがとうございました!
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自由を目指す個人に0→1を達成させる
サポート付きの会員制のコミュニティを運営しています。
無料なので、よかったら、どうぞ。
http://gaidtwgam.com/test/datugokulp-001.pdf

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP