成長曲線と不安とメンタル

この記事は2分で読めます


今日は成長曲線について書いていく。

毎日何かしらの努力をしているのに
結果が伴わなかったら、誰でも
不安になると思う。
 
僕も毎日ブログを書いていてアクセスを
気にしてないとはいえ、ずっと誰にも
見られなかったら、多少心が揺らぐことがある。

こんなことやってて意味があるのか?
と心の中で思うのだ。
まぁ、それでもやるのだけど。笑

成長曲線の描きというのは最初の方は
かなり緩やかで全く成長した気がしない
というのが当たり前なのだ。
 
僕は今でもアクセス少ないけど、
100記事くらいまではもっと少なかった。

だから、最初にこれだけ頑張ったら
成果が出て当たり前だという時給換算
する癖をやめることだ。

目には見えない部分で絶対に成長して
いるのだから、大丈夫だ。
 
それがまだ、数字に出てないだけ。

どのタイミングでブレイクするかなんて
誰にもわからないし、個人差がある。

だからといって、何年も成果が全く出ない
状態で継続するのはよほどメンタルが強い
人でないとできないはずだ。
 
そんな人にはやることを絞ることがオススメだ。

僕だったら、今のこの期間は文章力の
強化だと割り切っていてブログの文章を書くか
Twitterに投稿するかしかやっていない。

残りの時間はブログのネタを仕入れるための
インプットの時間だ。
 
この時間も全ては文章力を上げるための導線
となっている。

これを動画にも手を出して別のサイトも作って
と作業が分散し出すとそれぞれの成長速度も
遅くなるから、結果が出るのも遅くなる。

動画なのか文章なのかは絞った方がいい。
 
個人的にはTwitterを先に強化してから
アクセスをブログに流すことをおすすめしている。

ブログだけを書き続けて、検索経由のアクセスを
待ち続けるというのは相当な時間がかかる。

だから、あくまでブログは文章力を鍛えるための
練習として使って意識としてはTwitterを強化
するということを考えてもらえたらなと思う。
 
時間がなければTwitterだけでいい。

文章だけで勝負するってなると
認知されるのにどうしても時間が
かかるものだから、気楽にいこう。

大切なのは発信することをやめないということだ。

僕も完璧主義なので良い物じゃないと出したくない
みたいな心理にすぐ陥ってしまう。
 
でも、これだと永遠に行動出来ないので、
最低限何か行動しつつ考えるのがベストだ。

考える事も必要だが、その間
足を止めないことはもっと重要だ。

壁にぶち当たったら、立ち止まって考えたくも
なるけど、アウトプットしている時間が
一番のインプットなので毎日アウトプット
することだけはやめないで欲しい。
 
アウトプットの時間は勉強時間だ。

このへんは僕も重々意識していることだ。

お互い頑張ろう。
 
今日の内容は以上だ。
ここまで読んでくれてありがとう。

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。