山登りと成長について

この記事は2分で読めます


今日は成長について書いていく。

最近は焦るとダメだなということを
身をもって感じる。
 
今は割と時間的にゆとりのある生活を
送っているからアイディアというのも
沸いてくるし、何より十分な勉強時間を
確保できることはありがたい。

日々、自分を成長させるということを
しないと将来の自分が何の成果も
もたらさない自分になってしまう。

これは極めて危険なことなので
絶対に回避したいところだ。
 
稲作と同じで収穫をするには
種まきの時期が必要なのだ。

その種まきがビジネスで結果を
出すための勉強にあたる。

多くの人は収穫することしか考えていない
からすることやることから回るのだ。
 
まぁ、でもこの気持ちは非常によくわかる。

僕も時間が無いときはかなり焦っていたし、
一日でも早く結果が欲しいと思っていた。

でも、急がば回れという言葉があるように
焦ると結局上手くいかずに遠回りをすること
になる。
 
これは山登りで考えるとわかりやすいのだが、
山登りにはしっかりとしたルートがあり、
くねくねした感じのルートで登っていくはずだ。

登山者が景色を楽しめるように一見遠回りに
見えるが最適な道が用意されている。
 
だが、これを無視して山頂までの最短距離を
一直線に登ろうとしたら、傾斜が急な岩山を
超えるはめになるかもしれないし、野生の
動物が現れるかもしれない。

毒蛇に噛まれたりしたら、
一発でゲームオーバーだ。

結果的に距離という尺度でみた場合が
最短なだけでトータルで見たら、
断然遠回りになっている。
 
ビジネスもこれと同じでお金を稼ぐという
ことに多くの人がフォーカスしすぎているから
長い目で見たときに損をしているのだ。

勉強せずに片手間で稼げてしまうような方法なんて
ネット上でバイトしているのと変わらないんだから、
よほど生活に困っていない限りは辞めた方がいい。
 
すぐには結果が出ないけど、
自信を持って成長していると言えることを
やることをおすすめする。

今の僕はまさにそうで、時間的に余裕があるから
とことん遠回りすることを意識している。
 
難しい哲学書をひたすら頭を
悩ませながら、読んでいる。

これは一見直接、結果に繋がらないから
意味のない行為に見える。

だが、長い目で見た時に絶対に得をする
確信があるからやるのだ。
 
このブログ記事もアウトプットの一貫と
して脳を鍛えるためにやっている。

言葉を吐き出すと思考が整理されて
気持ちがいい。

結局、成長とはこの脳の疲労感を
感じ続けることだと思うからブログでの
アウトプットも毎日やっていきたいし、
この疲労感を成長痛ととらえて楽しんで
いきたい。
 
今は毎日更新50日くらいかな。

意識してなかったけど、
思い返すと結構いっていた。

インプットばかりに偏りすぎずに
頭がパンクしそうになったら、
吐き出すということをやっていきたい。
 
ここまで読んでくれてありがとう。

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP