働くことに意味は無い

この記事は2分で読めます


日本人の多くは働くことこそに価値はあると
考えていて、流した汗の分だけ評価される
と思いがちです。

 

ですが、実際のところ働くことに価値なんて
ありません。
汗水垂らしたからといってそれが世の中の
ためになっていなければ何の意味もありません。

 

考えてみてください。

 

森の中の木をひたすら伐採しまくってる人。
廃棄された土地の草むしりをしている人。
人気が少ない場所で石拾いをしている人。

 

彼らは汗水は垂らしていますが、
彼らが働いていると認識する人は
少ないんじゃないでしょうか?

 

彼らがこれらを仕事として捉えてやっていたら
ただのアホかキチガイとしか思えませんよね?

 

なぜなら、そんなことしたって誰も喜ばないし
お金も発生しないからです。

 

どれだけ汗水垂らそうが人の役に立たない
ことをしている時点でそれは無駄な汗水です。

 

逆に汗水垂らさなくても世の中に価値さえ提供して
いればそれは世の中に貢献していると言えるのです。
お金持ちの人のほとんどが汗水垂らさず、
世の中に価値を提供するという方法で収入を得ています。

 

たまに働かずに遊んでいる富裕層の人達を
非難したりする声がありますが、彼らがいなければ
今の日本はかなり不便な国だったでしょう。

 

彼らが自動販売機を設置してくれているおかげで
私たちは好きなときにジュースが飲めるし、
家に住みたいと思ったときいろんな物件が
あるおかげですぐに住むことができます。

 

また、遊園地や水族館、動物園などを所有してくれてる人が
いるから、サービスが充実して私たちはなに不自由なく
生活出来ているのです。

 

こういう人達はむしろ実際に肉体を動かして働いている人達よりも
大きな価値を提供していますよね?

 

つまり、提供する価値の大きさにより収入が決定するのです。

 

なのに、なぜか日本の文化ではより多くの
汗水を垂らすことこそが正義という謎の風潮があります。

 

意味不明ですよね。笑

 

だから、働け働け、就職だ就職だとみんながみんな
口を揃えて言うのです。

僕は絶対就職なんてしませんけどね。笑

そもそも、他の人と同じ事をしているようじゃ
お金持ちにはなれません。

周りと同じ=あなたの価値が下がるからです。
バイトのようにあなたの価値が数字で決定されてしまいます。
時給800円のように。。。

 

 

自分が働かない方向で収益を上げたい。
不労収入が欲しい。
効率の悪い仕事はしたくない。
という方は僕のメルマガに登録して勉強してください。
そのための情報発信をしています。

 

 

もちろん、詐欺的な方法なんかではなく
ネットを使って価値提供することが大前提です。
価値を提供しないとお金は発生しないですから。

 

無料プレゼントを配布しているのでこちらから受け取ってください。

人生を変えるレベルの情報なので覚悟してください。

 

 

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。