下手でも書くこと

この記事は2分で読めます


ブログでうまい文章が書けないからといって
書くことをためらっている人はいませんか?

 

僕も最初はそうでしたが、うまい文章を書くためには
みたいな教材ばかり読んでいたんです。
まったく実践せずに。笑

 

でも、実際これってすごく遠回りだってわかります?

 

例えば、自転車に初めて乗る際に
何時間も自転車の乗り方入門みたいな
マニュアルを読んだりしましたか?

 

おそらくほとんどの人はそんなもの読んでない
と思います。
僕も説明書なんて読まずに何も考えずに
まずは乗ってみました。

 

そして、こけたりしながら
徐々に乗り方を覚えていくんですね。

 

ブログもまったく同じです。
とにかく書きましょう。
書いて修正してうまくなっていくのです。

 

最初からうまい文章を書ける人なんてほとんど
いませんから、書く前から自分はセンスがない人間だと
落ち込む必要はないんです。
うまくなればいいだけの話ですから。

 

しかし、書かなければうまくなりません。
下手くそでも毎日書いてればだんだん上達します。

 

どうしても、文章の書き方を勉強したいのであれば、
書くことと同時並行で行ってください。

 

間違っても1か月文章の書き方を勉強してから
実践に入るというようなことはしないでください。
時間の無駄ですから。

 

そして、ブロガーの沖ケイタさんが言っていたのですが、
1か月に10記事ペースで3か月継続できた人は全員ブログで
稼げるセンスがあるそうです。

 

え、本当?
と思われた方もいるかもしれませんが、
これができるのは上位10%の人間だけだからです。

 

だから、自分に高すぎるハードルを設定する必要はありません。

下手でもいいから、書いてみること。
記事の書くネタを調べること。
これができれば問題ありません。

 

そして、最初の方は読んでくれる人もすくないですから、
自分の思ったことはどんどん書きましょう。

 

こんなこと書いても大丈夫かなぁとか
変に自分をきれいに見せようとする必要はありません。

 

読者は客観的な意見が聞きたいのではなくて、
あなたの本音の意見が聞きたいのです。

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP