コロナの自粛期間延長について思うこと

この記事は2分で読めます


今日もコロナについて書いていく。

このタイミングで自粛期間が1ヶ月延長となり、
政府は何を考えているんだという意見から
まだまだ自粛は必要だから正しい判断だ
と言う人で意見はわかれるだろう。
 
だが、この1ヶ月自粛の政府の本当の意図は
なんなのかを今回考えていこうと思う。

まず、大前提として政治家は賢い。
彼らが出す結論だから何か意図が
あるに決まっている。
 
当然、経済的な損失とコロナの拡大による
医療機関の疲弊などいろいろな要素を
考えた上での結論だろう。

彼らも本音では自粛なんてしたくないはずだ。
 
コロナに感染したって重症化して死ぬのは
ごく一部の人間だけだし、そもそも本当に
コロナで死んだかも怪しいのだ。

高齢者はコロナでなくてもなんらかの要因で
毎日死ぬのだ。
 
死んだ人がたまたまコロナに感染していた
という可能性も普通にあるのだ。

それよりも経済活動を止めてることにより
自殺者数はかなり増える。
 
それに若者が学費を払えなくて
退学者がかなり増えている
ので長期的な目線で見た時に日本は
貴重な人材を大量に失うことになる。
 
そこまでして自粛をしたいか?
と言えば、本音はしたくはないだろう。

では、なぜあえて自粛という道を選んだのかというと、
政治家達は国民をコントロールする必要があるからだ。
 
このタイミングで自粛を解除して、感染が拡大しようものなら
もっと自粛必要だっただろ!と国民の怒りは政府に
ぶつけられるのだ。

これだけは絶対に回避しなければならない。

だが、ここであえて自粛期間を延ばすことによって
国民の自粛疲れを狙っているのだ。
 
今は世間は自粛ムードだが、これをどうにかして、
もうコロナと共生するしかないから自粛なんて
やめようという方向に世間のムードを持っていきたいのだと思う。

そう、このゲームは国民がコロナなんて
大したことないという認識になれば勝ちなのだ。
 
正直、いつの時代も風邪は引くし、
インフルは流行るので、
ウイルスの根絶は不可能なのだ。

いかにして、国民の意識をコロナ=脅威でないと
持って行けるかのいわば、心理戦なのである。
 
そう持っていくための政府の作戦だとしたら、
今回の1ヶ月延長という決断は正しいと言えるだろう。

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP