だるi、めんどくさい、やる気起きない

この記事は3分で読めます


ネットビジネス始めた当初は、
「よし、頑張ろう!」
「人生変えてやる!」
と幸せな未来を想像してやる気満々だと思います。
年収1億稼いでキャバクラ行き放題と
野心にみながっていることでしょう。

 

キャバクラいきまくるために頑張る人は
そんなにはいませんね。笑

 

しかし、人間は怠惰な生き物なので
月収100万円絶対稼ぐぞ!と固く決意したのに
多くの人は1ヶ月もしたら、
ベッドでゴロゴロしながら、Youtubeをみる日常に
しっかり戻ってます。

 

まぁ、ネットビジネスの勉強なんてしなくても死にはしないし、
明日からすればいいかというなまけグセが続き結局ほとんど進歩せず、
月日だけが流れていく事になります。

 

大学受験の勉強を想像してもらえればわかります。
だいいたの人は試験の1年前くらいから勉強開始
すると思うのですが、

 

勉強を開始した当初は
京都大学に入って、大学生活はバイトして
友達と家でスマブラ大会して彼女とディズニーランド
行って、サークルで飲み会行きまくって・・・
など華やかな大学生活をイメージして
これが勉強に対するモチベーションになっていたと思います。

 

ですが、毎日決意する事は難しいですから、
短期的な快楽に簡単に負けます。

 

眠たい。
お腹すいた。
テレビ見たい。
友達と遊びたい。
漫画読みたい。

 

上記のような誘惑が毎日のようにおそってきます。
この誘惑に毎日負けているようでは成績なんて上がるはず
がありませんよね?

 

すると、どうなるかと言うと
予定では夏が終わる頃には偏差値は65になってるはずなのに
実際は45のまま。

 

ヤバイヤバイと焦りだしても試験の日程を変えることはできませんから、
志望校を下げることになります。

 

そして、一度志望校を下げるとやる気もなくなり、
受ける大学のランクもどんどん下に下になっていき、
やがて勉強さえもしなくなるかもしれません。

 

だから、短期的快楽に流されることは本当に取り返しが
つかないことになるということを覚えておいてください。

 

ダラダラするクセがついてる人は麻薬中毒者と同じです。
自分では制御できていないのだからそうですよね?

 

罪悪感を抱えながらもいつまでもテレビを見ながら
ベットの上でゴロゴロしてるあなたもそろそろ
動き出すときではないでしょうか?

 

いつまでもポテチ食いながら、
スマホを横に傾けてでゲームしている場合じゃないんです。

 

そんなことはネットビジネスで不労収入を
確立すれば、いつまでも好きなだけする
ことができますから。
それは頑張ったあとのお楽しみとして
とっておきましょう。

 

6ヶ月くらい頑張って本気になってみましょうよ。
たった半年、本気になって頑張るだけで人生変わる
んだから、そのくらいできますよね?

 

できなければ、40年間サラリーマンとして
働き続けるしかありません。
その道を選ぶと休日しかゲームもできなくなります。
そして、あなたが心から幸せだと誇れる人生は
おくれなくなるでしょう。
楽な道に流されるとはこういうことです。

 

いま、現金で1000円受け取るか
1年後1000万円受け取るかという選択で
1000円受け取るのと同じ事です。笑

 

そんなわけねーだろ!
と思うでしょ?
でも嘘じゃないんですよ。

 

おかしな話ですが、99%の日本人は1000円を
受け取ってしまうんですよ。笑

 

良い例がバイト。
大学生はバイトするのが定番ですよね?
それは働いたら働いた分だけ稼げるし、
お金もすぐに手に入るからです。

 

しかし、バイトの時間をネットビジネスの
作業、勉強に充てたらどうでしょう?

 

確かに最初は収入ゼロで半年間くらい耐久しますが、
そこから収入は急激に伸び、月収100万円など
バイトの年収分をひと月で稼いでしまう状態ができあがります。

 

おもしろいですよね?

目先のわずかなお金を取るか
未来の大金をとるかで
多数は前者を選ぶのですから。
後者を選んだものが当然お金持ちとなるのです。

 

私たちは目先の利益は気にせず、
無収入でも未来の大金のため努力しなければ
なりません。

 

今日から、いやいま変わればあなたは成功できます。
ですが、これが明日からになればあなたは麻薬中毒者のままです。

 

今日からか明日からでは天と地ほどの差があります。
明日からすると言うのが口癖の人は気を付けてください。
目標達成から一番遠くにいます。

 

人生は変えられる。
そして、変わるのは明日からではなく今日から。

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。