自由な世界が不自由な理由

この記事は2分で読めます


今日は自由の危険性について
お話ししようと思います。
 
自由って誰もが憧れるワードだと思います。
 
自由になりたい。
働きたくない。
っていう人はかなり多いと思います。
 
だけど、
実際本当に自由になると
かなりキツいんですよね。
 
僕も高校生の頃は早く自由になりたいなぁと
夢見て、自由な大学生活を想像して、
勉強を頑張っていました。
 
そして、いざ大学に進学して
自由を手に入れたとなったら、
今度は暇すぎて何もやる気が
起きないという現象が起きました。
 
人間って言うのは本当欲深い生き物ですよね。
 
いざ、自分が望んだ物が手に入るとなると、
今度はまた不満が出てくるわけですから。
 
自由すぎて逆に不自由みたいな。笑
 
1ヶ月くらいの自由は快適なんですよ。
だけど、それ以上になると、

毎日ダラダラ惰性で生きることになり、
何のために生きているんだろうという
罪悪感を感じるようになります。
 
そして、日々に生きがいを
求めるようになります。
 
僕が毎日情報発信しているというのも、
毎日いろんな情報に触れ、その中で思ったこと
感じたことをアウトプットすることにより、
マンネリ化した日常を避けるためなんですよね。
 
人の1日というのは過去の
習慣によってできているし、

毎日同じようなことを考えて、
同じような行動をしているはずです。
 
コンビニで同じ弁当を買い、同じジュースを買い、
無意識の習慣に僕らの人生は支配されています。
 
毎日、何かを考えて発信するということが、
創造性を育む練習になると僕は考えています。
 
気を抜けば、何となく1日が終わり、
あっという間に人生が終わります。
 
思考力を鍛え、物事に対して多角的な見方が
できるようになれば、人生はもっと楽しくなります。
 
毎日、情報発信すると決めてしまえば、必然的に
脳は新しい情報をキャッチするために働きますし、
普段なんとも思わないようなことでも、
疑問に思うようになります。
 
飲食店の看板を見て、なんでこの看板は
こういうキャッチフレーズなんだろう。
 
この店の売り上げを上げるためには自分なら
どうするだろうなどいろいろ考えます。
 
これが大事で脳に刺激を与えると、
最初は解けそうで解けない問題に
直面しているかのごとく、

頭がむずがゆくなりますが、
これが成長の前兆です。
 
僕も文章を書くのが苦手で今でも
調子が悪いときは結構手が止まり、

意味不明な内容になったら、書き上げた後、
ブログ記事を削除することもあります。
 
こういう試行錯誤という不自由も
やってみると楽しかったします。
 
何より成長しますしね。
 
そして、毎日1つずつ積み重ねているという
実感が生きがいになります。
 
最初の目標が自由になることでも良いとは思いますが、
その日常に慣れてしまうと、後は衰退していくだけ
なので、自由の中の不自由を大事にして
欲しいなと思います。
 
情報発信する人、しない人では今後格差が広がる
ことは目に見えているので、今日からでも
情報発信を始めることをおすすめします。
 
では、今日の内容は以上となります。
ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自由を目指す個人に0→1を達成させる
サポート付きの会員制のコミュニティを運営しています。
無料なので、よかったら、どうぞ。
http://gaidtwgam.com/test/datugokulp-001.pdf

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。