ワードプレスのアクセスを30日で底上げする方法

この記事は3分で読めます


ワードプレスを運営する上で一番大事なのはアクセスです。ワードプレスのアクセスはグーグルに依存しており、ただ毎日記事投稿するだけではアクセスは上がりません。

 

そもそも、ワードプレスは無人島に自分の店を設置するようなものなので、最初は自分からお客さんを呼び込まないとアクセスは増えません。

 

今日は僕が実践しているワードプレスのアクセスの増やし方を紹介します。これさえやれば、記事数が10記事くらいでもアクセスを大量に集めることができます。

 

始めにワードプレスでただ単に毎日コツコツ記事を積み重ねていればいずれアクセスは増えるだろうと思っているあなた!要注意です。

 

ただ積み重ねるだけではダメなんです。

 

僕も最初は100記事でアクセスは増え始めるという言葉を信じて毎日1記事ずつコツコツ書いてブログを育成していました。

 

 

しかし、100記事に到達してもアクセスも少し伸びただけ。それもアメリカや中国からのアクセスがほとんどだったため、あまり意味がありませんでした。

 

日本からのアクセスは2とかだったため、本当に誰にも認知されていないブログです。

 

しかし、今思えば本当に無駄なことしたなぁとつくづく思います。僕がしていたことはバケツにスポイトで毎日1滴ずつ水を落としていたようなものですから。

 

本当、アホですよね。笑

 

継続の仕方を間違えるといつまで経っても結果はでません。

 

ワードプレスを始めたばかりでこの記事に出会えたあなたは本当にラッキーです。これから少ない記事数でもアクセスを増やす方法をお伝えします。

 

短期的にアクセスを増やす方法とはつまり、シーシャルメディアを絡めるのです。ツイッター、インスタグラム、フェイスブック、アメブロなどですね。

 

 

僕はフェイスブックとアメブロしかしていないのですが、この2つで十分です。

 

以前はツイッター、インスタもしていたのですがこれらの媒体からはアクセスが少なかったし、面倒だったのでやめました。

 

余裕がある人だけツイッターやインスタも絡めればいいでしょう。

 

とにかく短期的にアクセスを増やせる媒体から導線を引っ張ってくるんです。

 

そして、SNSと絡めるってなんだかめんどくさそうと思われるかもしれません。しかし、安心してください。

 

記事は普段通り、ワードプレスに書いてもらって後はその記事のURLをフェイスブックとアメブロにコピペするだけです。本当にこれだけでいいのです。

 

僕はこれをするだけでアクセスはかなり伸びました。そして、アクセスが伸びるということはグーグルからの評価も良くなり、検索エンジンでも上にきやすくなります。

 

そして、検索結果で上に来れば口コミでどんどん広まりアクセスはさらに増えます。このようにSNSを絡めるだけで相乗効果を生み、雪だるま式にアクセスは増えていきます。

 

フェイスブックはURLをコピペするだけでいいのですが、アメブロは少し工夫してください。

 

アメブロもSNSですが、一応ブログなのでなんの説明もなしにURLだけポツンと設置してあっても、誰もクリックしてくれません。

 

なので、ブログのタイトルを工夫してURLをクリックさせるためにしっかり誘導してください。ブログのタイトルはワードプレスに書いた記事のタイトルとは変えてください。

 

全く同じタイトルで投稿するとワードプレスの方の記事が検索エンジンからはじかれる可能性があります。

 

それと、ワードプレスの記事のURLをコピペしてリンクを飛ばすのならいいのですが、記事をコピペしてアメブロにもまったく同じ文章で投稿だけはしないようにしてください。

 

グーグルはミラーサイトをかなり嫌います。ワードプレスの記事がスパム判定を食らってしまえば終わりです。検索エンジンに表示されなくなります。

 

そうなるとあなたが積み上げてきた記事も全て検索エンジンからはじかれるので、文章のコピペ投稿だけはやめてくださいね。

 

注意点はそのくらいです。

 

アメブロは短期的にアクセスが集まりますから、あなたのコンテンツが良ければアメブロから読者がどんどん流れてきて、

 

あなたのブログが良質なサイトと見なされ検索エンジンからのアクセスもすぐに増えるでしょう。

 

また、フェイスブックでのアクセスの集め方はこちらの記事で詳しく解説していますので合わせてどうぞ。

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2020 04.29

    賢くなりたい

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。