飢えた獣になれ

この記事は2分で読めます


今日は飢えた獣になれという
テーマについて書いていく。
 
人間にとってのピンチってなんだろう。

僕の今までの人生は安全、安心に囲まれて
過ごしてきたから、親の元を離れ、
自分で生活するまでは考えもしなかった。
 
一人暮らしをしてみると、
わかるが、結構お金がかかる。
 
もちろん、サラリーマンになって、
毎月決まった額のお金をもらって、
それを少しずつ貯金していけば、
心の安心は得られるかも知れない。
 
だけど、安心が僕は嫌いだ。

だから、後先考える事無く、
僕は有名大学を中退して、家を飛び出した。
 
今まで好きな物を食べ、好きな物を好きなだけ
買うような生活をしていた僕はお金について
考えたこともなかった。
 
当然、このような生活が出来ていたのは
親のすねをかじっていたおかげだ。

大学を辞め、勝手な行動を起こした僕は
当然、一人で生きていかなくてはならない。
 
でも、一人暮らしを始めてお金がないのにも
関わらず、以前の金銭感覚が抜けない。

みるみる内に貯金は底をつき、
口座残高は0に近い。
 
でも、なんだか今はそれが気持ちいい。

なぜだろう。
 

人は追い込まれた時、絶望した時、未知の体験を
したときにしか成長しない。

僕にとって、お金がなくなるかもしれないという
体験は未知の世界だ。
 
今までは親という盾が最強の
セーフティネットになっていた。

でも、それが同時に僕の成長を妨げる呪縛にもなっていた。
 
不安と焦りで鼓動が早まるとき、
そういうときにこそ知恵が生まれてくる。

普段している座学としての勉強からは
アイディアは生まれない。
 
それらはきっかけにはなるが、引き金となるのは
自分が追い込まれたとき。

順風満帆に何の問題も無く成功してきた人など
いないだろう。
 
絶望した人から順番に人生の次のステージへの扉が開かれる。

だからこそ、新しいことへのチャレンジは怖がっちゃいけないし、
マンネリ化した環境は定期的に壊さなきゃいけない。
 
月に1度僕は美容院で髪を整えるが、
感覚としては同じだ。
 
人生でも新陳代謝をあげなければならない。
 
人生はルーティーン化した日々を繰り返すほど、
居心地がよくなり、その環境から抜け出したくなくなる。

 
だから、美容院で髪を切るように、
定期的に自分の人生から不要なものを捨て、
リセットして整える必要がある。

環境を変えるでも、職場を変える、
新しいチャレンジをするでも何でもいい。
 
何が正解とかはない。
 
こうすれば、上手くいくみたい万人に共通するものはない。
でも、変化を起こせば何かが変わり始める。
 
とにかく、大事なのは今までの生活とは変えること。
 
安心しきった環境を壊して、
不安と焦りを積極的に歓迎すること。
 
檻の中でエサを与えられると、飢え死にすることはないが、
新しい景色をみることもできない。
 
檻から抜け出し、新しい景色を求めて、
自分の牙で泥臭くても獲物を捕らえにいく。

そうやって、傷つきながらも苦しみ、
成長することが人生だと思う。
 
だからこそ、僕は親のしいたレールから外れて、
檻から抜け出して、よかったと思う。
 
確かに安全ではなくなった。
だけど、楽しい。
苦労、困難全て含めて。
 
これこそが自分の人生だ。
 
自分には何もないことがわかったから、勉強する。
 
そして、自分が世の中に対して何を提供出来るかを
僕は毎日考えている。

安全、安心に囲まれて過ごしていたら、
こういう思考には決してならない。

だから成長したいときは進んで
居心地の悪い環境を歓迎しよう。
 

貯金0でも家を失っても、生きていける。

そう思えば、怖いものなんてないだろう。
 

狂ってるくらいがちょうどいい。
それらの経験全てがコンテンツになるのだから。

今日から普通を抜け出して、
あなたも変化を受け入れていこう。

 
今日はここまでにする。
ではでは。

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。