競争した時点で負け

この記事は2分で読めます


この記事では他者と競争することには
全く意味がないということについて書いていきます。
 
人生において他人と競争するということは
誰しも一度は経験あると思います。
 
一度も競争せずに自分の世界に没頭して
生きてきたなんて人います?笑
 
僕たちは生まれたときの容姿、受験の成績、貧富の差、
これらを他人と少なからず比べてきたはずです。
 

そして、なんで自分はこんなにダメなんだ!
と自己嫌悪に陥ったことはあなたもあると思うんです。
 
僕も中学生の頃はなんで自分の方が勉強しているのに
明らかに勉強していないあいつより成績が断然悪いんだ!
と思っていました。

 
自分の心がぶれて、メンタルが弱る時って、
他人と比較するときなんですね。
 
あいつはいいなぁという嫉妬が
自分はダメなやつという認識に書き換わります。
 
僕たちは心のどこかで無意識に
人と比較してしまうんです。
 
しかし、
ビジネスにおいては競争はしてはいけません。
 
これからの時代は他人に勝った者が
生き残るのではなく、唯一無二の者が
生き残ります。
 
なぜなら、インターネットが発達し、
二番煎じのコンテンツや類似コンテンツなんて
すぐにグーグルにバレるからです。
 
求められるのはユニーク性です。
 
今後はAIもどんどん発達し、あからさまに誰かの
真似をしているようなコンテンツを作ると、

これはぱくりコンテンツだなと速攻で気付かれる
時代が近いうちにくるでしょう。

 

自分は他の人よりこんなに頑張っているんだ!
とかいう数の勝負ではなくなるわけです。

 

まず、ここを理解して欲しいです。
自分は世界で唯一無二の存在だと
インターネットで表現しなくてはなりません。
 
もちろん、
ブログなどの情報発信を毎日するという量も
大事ではあるのですが、

思考停止の状態で量さえこなしていれば
いつか成功するというのは
おかしな事だということです。
 

常に唯一無二の発信をしなくてはならないと
心にとめておいてください。
 

それをわかった上で自分だけのオリジナルの発信が
できる練習をしていくんです。
 
自分の知識、経験、キャラを文章に
のせて表現するというのは確かに難しいです。
 

何度も練習し、膨大な数の失敗をしないと
習得できないでしょう。
 

だけど、自分の代わりがきくようなものばかり
作っていたら、競争に巻き込まれてしまいます。
 
オリジナルの発信、オリジナルの世界観を構築していると
勝手に人は集まってきますから、
毎日思考して苦しいけど、考え抜くことです。
 

答えがないって苦痛ですよね。
 

気持ちはわかります。
僕も答えがない世界の中で自問自答して、
これでいけるかなぁというアイディアを
試したり、失敗したりで日々試行錯誤の連続です。

 

でも、そうやって毎日行動しながら思考していると
どこかのタイミングで全ての点が線となって
つながる時がくるので、日々の努力を
怠らないことです。

 

なるべく日常がルーティーン化しないように
ユニークな毎日を過ごすことを
意識するとコンテンツを作りやすくなりますよ。

 

些細な事からの学びをネット上に
毎日発信していってくださいね。

 

ということで、今日の内容は以上となります。
ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自由を目指す個人に0→1を達成させる
サポート付きの会員制のコミュニティを運営しています。
無料なので、よかったら、どうぞ。
http://gaidtwgam.com/test/datugokulp-001.pdf

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。