強豪校と弱小校がなぜ如実に差があるのか?

この記事は3分で読めます


この記事では何をやるにしても量をこなすことが
成功するための基本事項だということについて
書いていきたいと思います。
 
僕は現在、ブログ記事を書いて短期間で文章力を
爆上げしようとチャレンジしているのですが、
圧倒的に量をこなすことの大切さに気付きました。

 
ブログが評価されるのに実は記事数って
あんまり関係無くて質の高い記事が
どれだけ多いかなんですよね。

 
つまり、
ゴミ記事をいくら量産しても
意味がないということです。
 
僕も最初はこの事実から無意味な記事なら
書く意味ないじゃん!
 
という思考になり、どうやったら、
効率よく文章力を伸ばせるかを
考えたり、本を読んだりして模索していました。
 
そして、いろんなビジネス書を読んでいく内に
それぞれの成功哲学は違うのだけど、彼らの中の
共通の本質が見えてきたのです。
 
それが圧倒的な量をこなすことです。
 
どの業界でも成功している人は先に
質を考えたりしません。
 
まずは泥臭く量をこなさないと話に
ならないだろという思考なのです。
 
自分の限界を突破するくらいの圧倒的な量をこなす中で、
経験値が溜まり、それが質に変換されていきます。
 
つまり、質というのはレベルみたいなものです。
 
そして、量をこなすという作業がレベルを
上げるための練習なんですね。

 
毎日、そこそこの練習しかせず、
自分に甘かったら、当然レベルも上がりません。
 
しかし、毎日もうこれ以上練習したら死ぬっていうくらい
体を追い込んだら、当然成長スピードも上がりますよね。
 
部活の強豪校ほど過酷な練習に毎日耐えているように、
ビジネス業界でも一流ほど圧倒的な量を
こなしています。
 
ブログの世界ではイケハヤさんやはあちゅうさんが
有名ですが、彼らを観察しても毎日たくさんの
情報発信をしています。
 
なおかつそれを10年以上継続しているのです。
正直、バケモノ級です。
 
3ヶ月継続したのに結果が出ないと
嘆くのなんて甘すぎます。
 
そこをわかっていない初心者ほどどうすれば
うまくいくか?という方法論ばかり考えます。
 
迷ったら手を動かしましょう。
手を動かしながら考えるのです。
 
楽なことをしても成長もないし、
進歩しないですから。
 
毎日無数の情報に触れるわけだし、
えり好みしなければ書くネタなんて
いくらでもあります。
 
行動しないことが一番の問題なので。
毎日何があっても絶対にブログだけは
書くと僕は決めているし、

そう決めることで毎日ネタ探しのために
脳が四六時中ブログのことを考えています。
 
人生というのは習慣の連続なので、
あなたがこういう人生を送りたいという
理想があるのであれば、そうなるための
習慣をまずは作って下さい。

 

そうして、後は自分が決めたことに対して
量をこなしていけば自ずと質に転化されますので、
人生は変わり始めます。
 
多くの人は量をこなしたところで質に転化
されないと思っているから行動出来ないわけ
であって、そこを信じることが出来ると
動けると思うんですよね。

 

僕はブログをそれなりに書いたら、
最初はしょっぼい文章を3時間とか
かけて書いていたのが今や、

20分で倍以上の分量を書けるようになり、
成長を実感できているので、
継続出来ています。
 

1ヶ月も何か本気で継続すれば、
絶対に成長しますから、
信じて行動を起こして下さい。
 
努力が報われないことばかり、
考えると何もできなくなりますよ。
 
最初はみんな0からのスタートだし、
そこから積み上げていくだけです。
 
何もやりたいことがないとう場合は
匿名でいいので、日記ブログを立ち上げ、
毎日情報発信する癖をつけることを
おすすめします。
 
これだけで思考が整理され、
1ヶ月で頭が良くなったという
実感が得られると思います。
 
本題から少しずれましたが、
成功したかったら、楽をしようとせず、

泥臭い作業を積極的に誰よりも量をこなす
くらいの勢いでやれということです。
 
僕も常にこれは意識していて楽な方に流されそうに
なった時に思い出して自分を奮い立たせています。
 
人生を変えるために今日、
些細な一歩を踏み出して下さい。

 
ではでは。
今日の内容は以上となります。
 
ここまで読んで下さり、
ありがとうございました!
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自由を目指す個人に0→1を達成させる
サポート付きの会員制のコミュニティを運営しています。
無料なので、よかったら、どうぞ。
http://gaidtwgam.com/test/datugokulp-001.pdf

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。