嫌いな人と仲良くなる方法

この記事は2分で読めます


今日は嫌いな人と仲良くなる方法について書いていきます。

 

人間誰しも気の合う人、合わない人いると思います。学校、会社など何かしらの組織に属すと必ず1人は嫌いな人は現れてしまうものなんです。

 

 

僕も最近までは嫌いな人は誰しも一人二人はいるからそういう人とはなるべく関わらないようにして生きていこうというのが僕の考えでした。

 

そして、ネットビジネス系の情報発信している人も断捨離の重要性を説いたり、嫌な環境からはさっさと逃げろみたいなことを言っていますから、それに影響されたってのもありますね。

 

 

しかし、以前コンビニでアルバイトしていた時にクレーマー気質のお客さんが一人いたんです。

 

その人は僕がレジ打ちする度に何かしらいちゃもんつけてきて、正直うざいなぁと思って一線を引いていたんですが、毎日のように店にやってくる常連さんだったので、お互いに嫌悪していましたがある日僕の方から心を開いて明るく愛想よく接してみたところ案外良い人だということがわかったんです。

 

 

おそらくそのお客さんも僕の無愛想な接客態度が気に入らず、いらつきをぶつけていたのだと思います。

 

それまでは毎日イライラしながら惰性で業務をこなすように接客していましたが、お客さんとのコミュニケーションをとる機会が増え、疲労感が減ったんですね。

 

 

心の疲れは身体的疲労にも影響します。

 

そして、この時に初めて、自分が変わることで他人を変えられるというこがわかりました。

 

重要なのが自分が最初にアクションを起こさなければならないということです。確かに嫌いな人とは関わりたくないし、自分から心を開くのはしゃくに触るのもわかります。

 

 

しかし、嫌いな人と関わらなくてはならない状況にあなたがいるのなら、長い間ストレスを感じ続けるのはお互いにマイナスでしかないので、あなたがまずは変わり、相手も変化させてください。

 

誰もが自分を優先するから物事が好転しないわけであって、先に相手に得をさせるということを考えれば、少なくとも人間関係のトラブルは減るんじゃないかなと思います。

 

 

ネットビジネスについても最初はクレーマー気質のお客さんでもマインドを改善させることもできますし、自分の発信によって価値観を変化させることに成功したお客さんは濃いファンになってくれるので、最初から突き放すのはもったいないですね。

 

 

特に初心者の頃はお客さんをえり好みせず、なるべく多く集めて、一人一人価値観を変えてあげるということを意識した方が良いです。

 

そうやって、少数の濃いファンをコツコツ構築していくことで長く安定したビジネスライフを送ることが出来ます。

 

今日の話の結論はとにかく、自分からアクションを起こせば良い方向に進むということです。

 

 

今日は以上となります。

 

読んで下さりありがとうございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

LINE@を通じて、あなたが確実に月20万円の不労所得を構築できるよう無料オンラインサポートプログラムを運営しております。みっちり指導していきますので、まずはプレゼントを受取って企画に参加してください。
http://gaidtwgam.com/lp/

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。