ホームレスでも人生を楽しむ友達の物語

この記事は4分で読めます


今日はホームレスが勝ち組な
理由について書いていきます。
 

この記事であなたの価値観がガラッと
変わり、また人生で思い悩んでいる人が
1歩踏み出すきかっけを
与えられたらなと思います。
 

では、いきますね。

まず、多くの人は心の中で絶対に
ホームレスにはなりたくないと
思っていると思うんです。

それはホームレス=不潔とか
食べるものがないとか
いろいろと不安要素が
強いからだと思います。
 

ホームレス=お金がない=生きていけない
と人は頭の中で勝手に解釈しています。

以前の僕もそうでした。
 
しかし、実際にはホームレスでも
ほとんどの人が生きていけてますよね。

ホームレスが餓死するといった
ケースはかなり希です。
 
配給をもらったり、コンビニの
廃棄をもらえるよう交渉すれば
普通に食料は手に入ります。

僕の友達にもホームレスがいます。
 
この友達との会話がきかっけに
僕の価値観はガラリと変わりました。

以前は僕もホームレスには絶対に
なりたくないし、ホームレスになるくらいなら
嫌な会社でも死に物狂いで働いてやる
という風に思っていました。
 
しかし、
友達のホームレスは大学を中退して
家を追い出されてから
ずっとホームレスとして生活していた
みたいなのです。

公園で寝泊まりして、
食べ物はスーパーの試食品コーナーで
なんとか食いつないでいたそうです。
 
東京なら試食品を転々とすれば、
余裕で生きていけるらしいです。
 
彼もホームレスになる前はこの先
どうしようという不安で怖かったらしいのですが、
1週間もすれば案外生活出来るということがわかり、
むしろ、家なんてない方が気楽になったそうです。

今では彼はホームレスである人生の方が
楽しいとすら言っています。
 
彼と話していて、感じたのは彼が
強がって言っていたのではなく、
心の底から楽しそうに話している
ということです。
 
そして、
僕も自分が体験していないことを
勝手な先入観で悪だと決めつけることは
辞めようと思いました。

シンプルに考えれば、
人間は食べ物と寝るところ
さえあれば生きていけます。
 
しかも、
日本ではその2つは例え無一文に
なったとしても保証されています。

つまり、日本では適当に過ごしていても
とりあえず生きてはいけるのです。
 
インフラが整っていない発展途上国では
今も戦争が起きていて、安心して寝ることも
できないし、食べ物もない人達が
山のようにいます。

彼らのことを考えるといかに日本に
生まれたことが幸せなことなのかがわかると思います。
 
だから、せっかく日本に生まれて
こんなにも環境が整いすぎているのだから、
リスクなんて考えず、好きな事をして
生きたらいいのです。

日本人は安全な生活が守られすぎて
身動きがとれなくなっている
人が多いと思うんですよ。
 
ぬるま湯に浸かりすぎて、
あがることができなくなっている状態ですね。

多くの人が満足いく人生を送れていないのは
嫌々でも働き続けないと、お金がなくなり、
ホームレスに転落すると思っているからです。
 
でも、考え方によっては僕の友達のように
ホームレスでも楽しく生きていけるんですよ。

もちろん、金銭的制約はありますが
その代わり自由が手に入ります。
 
自殺者数が多い日本ではホームレスになることを
恐れすぎて、精神がやられるまで働いて結果的に
自殺している人も少なくないと思うんです。
 
つまり、お金が無いと生きていけないという考えが
しみ込みすぎて視野が狭くなっているのです。

せっかく、
日本に生まれたんだから、自殺するくらいなら
ホームレスになった方が絶対に幸せになれます。
 
自殺してしまう人は
そういう思考にならないくらい
追い詰められているんでしょうけど、

お金が全てみたいな価値観だと
お金がなくなる恐怖から
ただひたすら働いて死ぬだけの
人生になってしまいます。
 
それこそ本当にもったいないし、
ポケモンで行動さえすれば、面白い冒険が
待っているのにマサラタウンから1歩も
出ずに人生を終えるようなものです。
 
せっかく人生という名のゲームを
展開しているのだから
負けてもいい、どん底に
落ちてもいいと開き直って冒険しましょう。
 

ストレスを感じて苦痛に耐えるだけの
人生になるくらいなら思い切って、

ホームレスになって新たな可能性を
見いだす方が人生の幅も広がるし、
幸せに生きられると思います。
 
僕はお金よりも時間の方が大事だと思っているし、
お金は自分の人生の幸福度を上げるための
一つの手段でしかありません。
 
もし、僕が就職したとしてブラック企業で
死ぬほど働かされたとしたら、

さっさと辞めてバイトするか
最悪ホームレスになるでしょう。
 
そして、そういう生活しながら自分でお金を
生み出す方法を考えると思います。
 
ブログやYouTubeなど自分を
表現する場はいくらでもありますから、
別に困らないと思いますけどね。

まずは会社での悲劇のエピソードを
面白おかしく発信することから始めます。
 
ホームレスYouTuberなんてのも面白いかも
しれません。
 
今の時代、圧倒的短所は面白おかしく
ネット上で配信することで
長所に変えることができます。

だから、考え方によっては今の苦しい
状況もチャンスに変えられるんだから、
自分はダメな人間なんだって
悲観することはありません。
 
どんな人でもどんな状況でも
命さえあれば這い上がれます。

そんな平等にチャンスが
与えられているのが今の日本です。
 
だから、総じてこの記事で僕が
何を伝えたいのかというと
あなたが考え得る最悪の状況に
仮に陥ったとしてもなんとかなるから
自分の進みたい道に進み、

最悪ホームレスになっても、
人生楽しいから大丈夫だと
思って欲しいのです。
 
こういう風に考える事によって、
怖い物がなくなり、心が軽くなります。
 
現状維持を継続して嫌な会社で
働き続けることよりも、

どうなってもいいやの精神で
波瀾万丈の人生を送りましょう。
 
楽しい人生が待ってますよ。

僕自信も大学を辞めて、家を飛び出し、
自由の身になってからようやく本当の意味での
人生がスタートしました。
 
自分がRPGゲームの主人公になったような
気分でかなり楽しいですね。
 
もちろん、
楽しいことばかりではありませんが、
自分の今のレベルが低ければ上げれば
いいだけの話だし、

どん底から始まる
サクセスストーリーって
最高とは思いませんか?
 
多くの人にこの自分が主人公となって
ゲームを進めているという感覚を
伝えたいんです。

ゲームはレベルが低いほど伸びしろが
あるということですから、これから
面白いイベントがたくさん待っています。
 
怖いかも知れませんが、とにかく
飛び込んでみればいいのです。
 
そしたら、
勝手に物語はスタートしますから。

ゲームはいろんなイベントが
あればあるほど面白いです。
 
だから、
波瀾万丈の人生を歓迎してください。

そして、そのためには
まずはマンネリ化した日常を
壊すことから始めて下さい。
 
共に波瀾万丈な人生を歩みましょう。

この記事がきかっけに少しでも
あなたに1歩踏み出す勇気を
与えられたのであれば、
僕はそれだけで幸せです。

今日からあなたの物語が
スタートすることを心から祈っています。
 
では、今日の内容は以上となります。
ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。