DJ社長がユーチューブに広告を貼らない理由

この記事は3分で読めます


今日は最近話題のユーチューバーのDJ社長について書いていきます。正確には彼はユーチューバーではなく、DJであり社長だそうです。

 

 

チャンネル登録者数は僕がこの記事を書いている時点で73万人います。

 

こんなにチャンネル登録者数がいれば、広告を貼れば広告収入だけで月に数百万円は入ってくるはずです。しかし、彼は貼りません。6000万円の借金を抱えているのにもかかわらずです。

 

あなたには同じ状況で同じ選択ができますか?

 

 

僕には絶対無理です。というか同じ状況だったら、ほとんどの人が広告を貼り、ユーチューブで収益化するはずです。

 

では、なぜ彼らはユーチューブで収益化しないのかというと、彼らは目の前の数百万円よりも視聴者からの信頼の方が大事だと考えているからです。

 

 

ここで、収益化すれば確かに大金は手に入り、暮らしは豊かになるのかもしれません。

 

しかし、それでは普通のユーチューバーと変わりませんし、何の差別化もできていません。それに一時的には幸せにはなれるかもしれないけど夢は叶わないかもしれません。

 

 

彼の夢はドームでDJをやることですから、多くのファンが必要になるのです。

 

だから、彼はあえて収益化せず、収益化しないユーチューバーとして名前を売ろうとしているのです。

 

 

それにDJ社長もユーチューブはただの売名行為のためだと言っております。

 

また、広告を載せないという行為により、実は視聴者の評価はかなり上がっているんです。

 

 

最近、DJ社長の過去を語る動画が公開されたことにより、広告を貼ってくれという声があがったくらいです。彼はそれくらいファンの信頼を勝ち取っています。

 

ビジネス的観点で見ると、彼の考えはフロントエンドとバックエンドというのに似ています。つまり、利益をとるところととらないところを明確に分けているのです。

 

 

例えば、すき家の牛丼なんかでは牛丼はかなり安い価格で売っていますよね?つまり、牛丼では利益はほとんどとっていないのです。

 

これだけうちの牛丼は安いんです!という風に利益は取らずに完全に集客のための商品として牛丼は使っています。そして、この販売戦略は成功しています。

 

 

国民にすき家は安いという印象を浸透しせることができているわけですから。

 

すき家が利益をとっているところはトッピングです。サラダや味噌汁、卵といったもので利益をとっています。

 

 

すき家でメニューを見てもらえればわかりますが、牛丼の上にチーズがのったりしただけで値段がかなり上がっていますよね?

 

明らかにトッピングだけの値段だと高すぎるのですが、それでも利益が出ているということは僕らが注文する際、何かしらのトッピングをしているということです。

 

 

そして、全員がトッピングをせずに普通の牛丼だけを食べ続ければすき家は倒産します。まぁ、そんなことはありえないですけどね。

 

話を戻しますが、こういう原理をDJ社長は使っております。ユーチューブではあえて利益は取らず、ひたすら有名になることだけに特化し、視聴者の好感度を上げまくる。

 

 

そして、いつかもっと有名になった時にドームでDJをして一気に売り上げを上げるといった考えでしょう。

 

彼らはお金のために活動しているわけではありませんが、DJ社長はお金持ちになりたいと言っていたので、おそらくここまで考えていると思います。

 

 

僕も実際、DJ社長の広告を貼らないという行為にすげーなと思いましたし、ドームでDJをやるのなら絶対行きたいと思いました。

 

つまり、彼の努力の凄さに惹かれたわけです。

 

 

そして、DJ社長の動画を見た数百万人の人が同じことを思ったとしたら、ドームもあっという間に埋まってしまうでしょうね。

 

彼の数年後の活動が楽しみです。話題になった動画は下に貼って置きますので、ぜひ見てみてください。40分と長いですが、見終わった後にはあなたの考え方も一転しているはずです。

 

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。