賢い人に富が集まるのは当然な件

この記事は2分で読めます


今日は賢さと富の話をしていく。
 
日々、僕は学習する習慣は大事だと
言っているが、学習ってのは
人生における可能性なわけで、

これをしないということは
自分は一生奴隷でいいんですよ!
と諦めているようなものだ。

それは試合前から勝つことを諦めている
サッカー選手と同じくらい惨めなことだ。
 
可能性があるのにそれを
簡単に放棄してはならない。

アフリカの人達がなぜ、安い賃金で労働力を
搾取されているのかというと、
学習する機会を奪われているからだ。
 
先進国の人達が一番恐れていることは
発展途上国の人達が
自分達よりも賢くなることだ。

この世界は賢い人達がコントロールしているわけで、
当然知性次第では立場が逆転されることもあるのだ。
 
頭が良い人がバカな人をコントロールできるのは
当然のことで、小学校の時喧嘩が強い人が
カースト上位にいたのと同じである。

だから、彼らは学習する隙を与えずに、
お金を投げてひたすらに働かせるのだ。
 
知性というのものは惨い。

日本でもお金持ちの家庭は間違いなく、
子供の養育費に莫大のお金を投資するだろう。
 
その理由も同じで賢い人の元に富が集まり、
バカな人は賢い人にいいように使われる
というのを彼らは理解しているからだ。

バカな人ほど勉強の重要性に気づけずに
勉強したところで何の意味が
あるんだという価値基準になる。
 
アフリカの人達はそもそも
教育の機会を奪われていて
勉強したくても出来ない人もいるだろうから、
日本はまだ恵まれているほうだ。

誰でも学校に行けるし、
家庭環境の差はあるかも知れないが、
まだ賢くなれば逆転が可能だからだ。
 
何を勉強するとかはどうでもよくて、
とにかく日々学習するという習慣を
身につけておかないとアイディアも
降ってこないし、新しい物事を学びたい
と思ったときに苦労するのだ。

頭が良い人ほど学習コストが
低いのは当然のことだ。
 
偏差値30の人と偏差値70の人が
東大を目指すとしたら、前者の方が後者の
何倍も勉強しなくてはならないという
ことから容易に理解出来るはずだ。
 
思考力を鍛え、知識の幅が広がるほど
語彙力も豊かになり、
話にバリエーションも出てくる。

そして、そこに価値が生まれる。

基本的に頭が良い人、面白い人というのは
9割方インプット量が多いので、
脳内に情報が大量にある。
 
つまり、毎日勉強するだけでインテリ的な
ポジションは取れる。

特にブログなんかは自分の知識や事物に対する見解が
価値を見いだすので、頭が良いほど有利なのだ。

バカは話のバリエーションも少ないし、
すぐにネタ切れを起こす。
 
知性というのは自分の意志決定を下す大元なので、
ここを毎日鍛えるというのは当たり前にやらなければならない。

スポーツ選手が毎日ランニングするのと
同じくらい当然のことである。

全ては脳みそから生まれるので、脳みそのレベルを
上げなくて逆に何を上げるのだと僕は問いたい。
 
東大王の河野玄斗さんが勉強はコスパ最強の遊びだと
言っていたが僕もまさにその通りだと思う。

勉強が楽しくなれば、毎日学習するわけで、
そこの過程で得た知識で富をもたらすこともできる。
 
頭が悪ければ、誰かが作った仕組みの中で働かなくては
ならないが、頭がよくなれば仕組みを作る側に回れるのだ。

人生を豊かにするためには勉強は必須だし、
超コスパがいいので、今日から少しずつ始めて欲しい。
 
そして、あなたが学習によって、
幸福な人生をデザインしてくれることを願う。

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。