貯金しない方が良い理由

この記事は2分で読めます


今日は貯金しない方が良い理由について
書いていきます。

昔と今では働き方が随分変わりました。

昔は労働の対価としてお金をもらい、
それを貯金して老後に備えるというのが
一般的な生き方でした。

バブル時代ではサラリーマンとして働く方が
リスク無く安定した暮らしができたし、

むしろ、わざわざ起業するメリットの方が
少なかったのです。

しかし、今の時代はどうでしょう。

インターネットというインフラがなかった時代に
比べて、貯金残高をさほど気にする必要はなくなりました。

なぜなら、今の時代は
貯金残高よりも信頼残高の方が
大事だからです。

信頼残高とは何か?

それは目に見えない信頼の貯金で、
この信頼残高は目に見えないけど、一定数を
超えるとお金に換金できるのです。

わかりやすく言うと、
友達にご飯を奢ってもらったり、プレゼントを
もらったりすると、今度は何か自分が
恩返ししてあげようという気持ちになりますよね?

つまり、友達に何か奢ってもらったことで、
友達はお金は損しているけど、信頼残高は
溜まっているということになります。

いつリターンが返ってくるかはわからないけど、
巡り巡って自分に返ってくるようなものに投資することを
新三梨残高を貯めるといます。

この原理を生かしたのがオンラインサロンです。

オンラインサロンではメンバーがお金を払って働くという
過去の常識では考えられないことが起こっています。

これはまさにサロンのオーナーに対する信頼残高が
一定の数値を超えたことにより、この人に恩返しが
したい、この人と働きたいという心理がサロンメンバーに
宿っているのです。

そして、サロンメンバーも実質無料で働いていますが、
彼らもその行為によって信頼残高が溜まっているので、
給料という概念がなくても巡り巡ってお金は
入ってくるのです。

僕はホリエモンの本をたくさん読んでいるので、
彼に対する信頼残高はかなり貯まっています。

だから、ホリエモンが何か企画を打ち立てれば、
参加するかもしれないし、新刊を出したら、
購入すると思います。

では、本題のなぜ貯金をするのがいけないのか?
というと、貯金を寝かせたままだと増えることはないですが、
信頼残高は複利的に増えるからです。

ホリエモンやキングコングの西野さんが貯金がなくても
お金に困らないのはお金が入ったら、信頼を得るために
お金を使うというサイクルを回しているからです。

彼らは貯金をしないことで有名ですよね。

最悪、彼らは明日のご飯がないという状態でも
Twitterでお金をくれとつぶやけば誰かしら
くれるでしょう。

一人でお金を独占する時代はもう終わって、
今はお金持ちより信用持ちが生きやすい時代なのです。

信用を貯金するのであれば、
誰にでもチャンスがあります。

仮にお金がなくても文章や面白いコンテンツを
提供することで信頼は溜まりますし、

最初はとにかく自分が損をして
徳を積むことを考える事です。

徳を積むというか無料で人を幸せにすることを
考えたらいいのです。

変に提供した分のリターンを考え出すと、
せっかく貯めた信用が一気に消えてしまう
なんてことにもなるので、

とにかく提供です。

僕は読書が好きなので、今度読書を生かした
何か無料の企画をやろうかなと
思っています。

では、今日の内容は以上となります。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。