時間という概念を大事にした生き方

この記事は2分で読めます


今日は時間の重要性について書いていく。

あなたは普段意識しているだろうか?
時間が限りあるものだということを。

我々、人類に唯一平等に与えられた概念が
時間だ。

つまり、この時間の使い方によって今の
あなたが形成されているわけであって、
この時間の使い方さえ、変えればあなたは
これから何にでもなれる。

今まで膨大な時間を無駄にしていたとしてもだ。

なりたい自分があるのであれば、スマホを
長時間いじってベットの上でゴロゴロしている
場合ではない。

これは自分に言い聞かせているし、
僕も自分に甘く、ダラダラする時間が長かった。

そのせいで今は何者にもなれていない。

まさに時間の使い方が下手くそで習慣を
作ることが出来ていなかった。

今日から変わろうと思う。

僕は賢くなりたい。
いろんな知識を身につけて
バリエーションが豊富な会話がしたい。

では何をすればいいか?

そんな時に思い即いたのが読書だ。

僕は今までの人生で本を読んでこなかった。
だからこそ、読むのは遅いし、何度も何度も
同じページに戻ってしまう。

でも、苦手だからと言ってやらない
わけにはいかない。

進む意外に道はない。
結局何をするにしても自分を成長させるような
ことをしないと成功出来ないと思う。

遠回りこそ近道。
この言葉を信じて頑張ろうと思う。

読書したからといって、何者になれる保証なんてない。
だけど、何もしなければ始まらない。

だから、僕は自分を探すために、何もない自分に知識を
足していくために今日も本を読む。

別のブログを立ち上げて、本の感想などを
アウトプットしようと考えている。

そして、読んだ本は全て、Twitterで募集して
無料でフォロワーにプレゼントするつもりだ。

なぜ、そんなことするのか?

本一冊を有料でまた売るよりも自分の視点を
まとめたノートと一緒にプレゼントして、
読書に喜んでもらった方が長期的に見て得だからだ。

今は貯金残高よりも信頼残高の時代。

目先の小銭に執着せず、どんどん周りに無性に
価値を与え続け、信用を稼ぎまくる。

どんな人でもこれを考えなければいけない。

今の時代を生き抜くには信用を勝ち取るのが
手っ取り早いし、お金なんてどうでもいい。

貯金して長期的に寝かしておくくらいなら、
そのお金は誰かのために使って信用を
貯めておくといい。

もちろん、これはビジネス的な視点で見て恩を
売るというのとはまた少し違う。

別に見返りなんて、返ってこなくてもいい。
と本気で思うことだ。

さて、このブログは毎日更新を続けていて、
今後も日記や自分の思考を整理するために
活用していこうと思う。

さてでは、読書をしてこようかな。

ではでは。

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。