アウトプットはやはり良い

この記事は1分で読めます


今日はアウトプットをかなり重視した1日だった。

読書ブログの方も更新したし、かなり成長したと思う。

本を読んでしゃべって、
書くとかなりの成長を実感できる。

書くのは前からやっているので、そこまでストレスは
かからないが学んだことを声に出して話してみると
上手く言語化出来ず、まだまだだなと思った。

でも、声に出してのアウトプットは脳を
フル回転してるので、反動で今、頭が痛い。

受験の時の試験終了後に頭を使いすぎて疲れ切ったあの感じだ。

長年忘れていたあの感覚を思い出せて、よかった。

これからはアウトプットのバリエーションも
増やしていこうと思う。

もっと、もっと情報発信力を高めなければ。

無意識のうちにインプットに偏ってしまうので、
脳に記憶したいと思ったことは即座に声に出すことにしよう。

脳ではわかっているつもりでも、
やっぱり話すのは難しい。

これは完全に理解出来ていないということだ。

些細なことでもいいから、
何かしらのコンテンツをネット上に残していこう。

今日はかなり短いがここまでとする。

完璧主義になってもいいことないから、
こういう日もあってもいい。

ではでは。

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。