ひねり出して出てきたアイディアはゴミ

この記事は2分で読めます


今日はアイディアについて書いていこうと思う。

この記事を読めば、正しいアイディアの
出し方が理解出来るはずだ。
 
多くのネットで情報発信している人は
大体の場合はこういうネタで書いたり
話したりすればお金になりそうだなと
いうのが根底にあり、彼らはお金に
なりそうなキーワードを毎日必死に探しているのだ。
 
ビジネス系YouTuberというのは
まさにそれだ。

彼らは大衆が反応しそうなネタを毎日
探しているだけにすぎない。
 
そして当たった、
外れたと一喜一憂しているのだ。

つまり、彼らは本当に伝えたくて
発信しているのではなく、
お金のために発信してるのだ。
 
あなたはそんな発信を見たいだろうか?

ドッキリもやらせがわかったら冷めるだろう。

つまり、視聴者はコイツはお金のためにやっているな
っていうのがわかれば途端に見たくなくなるのだ。
 
だから、今の情報発信者はそういうのを
悟らせないようにうまくコンテンツを
作成するように細心の注意を払っている。

お金が根底にあって生み出された
コンテンツは総じてゴミだ。

こんなこというと無理矢理アイディアを
ひねり出すのがダメならどうすればいいんだよ
という声が聞こえてきそうだ。
 
だが、アイディアは出るまで待つというのが
本来のありかただ。

例えば、あなたが面白い映画を見たとして
これを誰かに伝えたいっていう感覚に
なったとしたら、いちいちアイディアを
ひねり出そうとしなくても自然に口が
動いてしまうものとは思わないか。
 
面白いことにふれれば誰かに話したい
という衝動に駆られるのだ。

そして、そうした衝動は勝手に
わき上がってくる性質のものだ。

僕はそうした衝動がきたら、
始めてブログを書くし、
伝えたいことが決まっているから
スラスラ書けるのだ。
 
アイディアが降ってくるまでの間は
本を読んだり、YouTubeやTwitterを
観察したりしている。

そうした中であ、これだ!
とふと誰かに言いたいような内容を
思い即いて、それをすぐに文字に起こす。

外に出ていている場合は忘れないように
スマホのメモに要点だけを書いて、
家についてから書く。
 
書くまでに新しいアイディアが降ってきていた
場合は古いのは没にしている。

日々、新しい情報に触れてそれについて
自分なりに考えたりしていたら、
自然にアイディアは降ってくる。

考える癖は大事だ。
情報をインプットして、
本にはこう書いてあるけど
自分はこう思うなぁみたいに
思考していくことで始めて
知識が自分の武器になるのだ。
 
考えないと当然、自分の意見が
構築されないのでアイディアが
降ってくるはずもない。

あなたがやるべきことは毎日
情報のインプットを習慣にして、
その情報を使いこなせるように
思考することだ。
 
ひねり出すということは考えるという
作業を放棄し、記憶を頼りにインプット
した情報をそのまま思い出すということ
に当たるので、それは決してあなたの
意見ではないのだ。
 
友達に感情のままつい口走ってしまうように
感覚で文章を書くのだ。

それの繰り返しで質は向上していき、
真に優れたコンテンツというのは
生み出されるのだ。

Follow me!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。